『百年後に残したいコト・モノ・ヒト発見』

『おてんとさんぽ 2022』開催日 再変更のお知らせ

寒冷の候 皆様におかれましてはお健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
さて、記念すべき第10回を迎える「おてんとさんぽ」を残念ながら昨年は迎えられず、今年の4月に延期のご連絡させていただきましたが、
ご出店いただく皆さま、お越しくださるお客さま、地元の皆さまのお気持ちをスタッフ一同考えに考え、例年通り秋の開催が「おてんとさんぽ」らしくゆったり、
のんびりできる最善の開催ではと最終判断に至りました。幾度に渡る変更となり、ご迷惑をおかけいたしますこと心よりお詫び申し上げます。
私たちは一日も早く、穏やかな日が戻り晴れやかに開催できることを願うばかりです。
改めて、出店募集開始となりましたらH P、facebook等でご案内いたします。

第10回 手しごと&産直市 おてんとさんぽ
開催日 :令和4年10月1日(土)・2日(日)
会 場:辰野町横川 かやぶきの館

***** 「おてんとさんぽ2022」に向けて *****

2011年、東日本大震災の年に「おてんとさんぽ」は誕生しました。未曾有の被害を目の当たりにし、その時、私たちが感じたことは「人と人とのぬくもり」の尊さでした。
「100年後に残したいひと・もの・こと」を大切に繋ぐ。それが「おてんとさんぽ」です。皆さまのおかげで、毎年ご縁が増え、8,000名の来場者でにぎわう、笑顔あふれるイベントとなりました。
2020年2021年、私たちは今、目に見えない恐怖との戦いの中におります。この様な時だからこそ、私たちにとって「大切なこと」を繋ぎ、また、おてんとさんの下でお会いできるように日々、心をぽっかぽかにしていきましょう!
「おてんとさんぽ」でお会いできますこと、そして皆さまのご健康をスタッフ一同、心より祈念しております。

令和4年1月
おてんとさんぽ実行委員会一同

  1. ひまわり畑(産直)農民家ふぇ あずかぼ・ノラマメ堂自然菜園・ゆがふ農園・有賀はちみつ野の共同出展です。 体に優しい植物性原料使用のお菓子、パン、農薬不使用の野菜、ポン菓子、ひまわり油、はちみつ、蜜ろうクリーム、はちみつドリンクの販売をさせていただきます。地元 辰野町とお隣の箕輪町の生産者です。
  2. リアリゼーショングラスの中にカラフルな砂できれいな模様を作り、そこに小さなガラス細工など装飾品を飾り、最後にジェルを注いで固定させれば、あたなだけの小さくてかわいいジェルクラフトのできあがり。 簡単にできてしまいます。 お子さんからお年寄りまでどなたでもお楽しみ頂けます。 大切な人へのプレゼントにも最適です!
  3. 安曇野 貴生の森自然素材、古布や古布再現布などを使い、バッグ、普段着、タペストリー、小物など、ていねいに心を込めて手作りしています。
  4. 工房 鎚遊(ついゆう)主に銅を材料にインテリア小物・キャンドルステンド・茶器・花器・アクセサリーなどのメルヘンチック的な作品たちです。
  5. 2019年度の参加作家さんの準備をしています。
  6. こめはなや飲食部門は10年が過ぎて閉店いたしました。 イベントでは変わらず、無農薬・無化学肥料栽培のお米を使った、手摘みよもぎもち、おこわ、おむすび、人気のカレーなどを販売します。
  7. KASUGAI木に天然石やチェコガラスを埋め込んだ(ように見える)世界に一つだけのペンダント。 木製六芒星とサンキャッチャーを組み合わせたオリジナルオーナメント。
  8. やる樹屋

NEWS

イベント情報や募集情報

BOLG

ブログ一覧
PAGE TOP