『百年後に残したいコト・モノ・ヒト発見』

第10回「おてんとさんぽ2021」 開催延期のお知らせ

10月2日、3日に予定しておりました「おてんとさんぽ」ですが、来年4月に延期させていただきます。
コロナウィルス感染拡大に伴い、緊急事態宣言が都道府県に発令され、長野県感染レベルも5に上がり、本当に大変な状況下であります。
出店者の皆さま、ご来場いただく多くの皆さま、スタッフ一同の安全を最優先に考え、来年の4月23日、24日へ延期させていただきます。
事務局といたしましては、開催の方向で準備調整をしておりましたが、延期の判断に至りましたこと、間際のお知らせになりましたことを心よりお詫び申し上げます。

***** 「おてんとさんぽ2022」に向けて *****

2011年、東日本大震災の年に「おてんとさんぽ」は誕生しました。未曾有の被害を目の当たりにし、その時、私たちが感じたことは「人と人とのぬくもり」の尊さでした。
「100年後に残したいひと・もの・こと」を大切に繋ぐ。それが「おてんとさんぽ」です。
皆さまのおかげで、毎年ご縁が増え、8,000名の来場者でにぎわう、笑顔あふれるイベントとなりました。
 2020年2021年、私たちは今、目に見えない恐怖との戦いの中におります。この様な時だからこそ、私たちにとって「大切なこと」を繋ぎ、また、おてんとさんの下でお会いできるように日々、心をぽっかぽかにしていきましょう!
来年の春「おてんとさんぽ」でお会いできますこと、そして皆さまのご健康をスタッフ一同、心より祈念しております。

令和3年8月
おてんとさんぽ実行委員会一同

  1. 湊(sou)こんにちは。レジンアクセサリー(ストラップ・髪留め・ネックレス・イヤリング・ピアス・他)を中心に扱っています!折り紙で作った鶴なんかもありますので是非お立ち寄り下さい!
  2. 森の蔵
  3. 竹細工 さいとう竹で作ったとうもろこし粒はずしの使い方、説明があります。その他、コマのまわし方もあります。
  4. こもれび白馬の自然の中 花と刺し子、革小物を日々制作しています。 伝統の刺し子(一目刺し、こぎん刺し、菱刺し)を使いやすいアクセサリーにしました。革小物も手縫いし、どこにも無いオリジナルを制作しています。
  5. げんき工房手織りウェア・手織りに関連した作品(バック、マフラー、等々)羊原毛を手紡ぎし手織りした作品と糸。
  6. R.P.J.Labo紙を素材にビーズから一つ一つ手作りし、紙の軽さ・色柄を活かし、ピアス・ブレスレット・ネックレス等を作成しています。ぜひご覧ください。
  7. 安曇野 貴生の森自然素材、古布や古布再現布などを使い、バッグ、普段着、タペストリー、小物など、ていねいに心を込めて手作りしています。
  8. 工房 鎚遊(ついゆう)主に銅を材料にインテリア小物・キャンドルステンド・茶器・花器・アクセサリーなどのメルヘンチック的な作品たちです。

NEWS

イベント情報や募集情報

BOLG

ブログ一覧
PAGE TOP